ナチュラルドッグフードの原材料は危険!?成分表見たら腰抜かした件

ナチュラルドッグフードの原材料と成分について

 

ndfナチュラルドッグフードは現在日本国内で最高品質を誇るドッグフードとして有名です。

 

 

最高品質というくらいですから、原材料成分には気をつけて作られていると思うのですが、私たち消費者からすれば

 

  • 本当に安全なの?
  • 原材料の品質レベルってどのくらいなの?
  • 成分で危険性は無い?

 

といった事が気になりますよね。

 

私自身も気になったので徹底的に調べてみたのですが、

 

そこで驚愕の事実を目の当たりにして思わず腰を抜かしてしまうレベルでした。

 

隅々まで記載しておりますのでしっかりとご覧くださいませ。

 

 

アランズナチュラルドッグフードの原材料の詳細

 

原材料名
生ラム肉(イギリス産)55%以上、玄米18%以上、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、全粒オーツ麦、亜麻仁、テンサイ、ビール酵母

 

実際問題私達飼い主としては、原材料を見ただけでは何が良いのか悪いのかって正直わかり辛かったりもしますよね。

 

なのでここからはナチュラルドッグフードの原材料を一つずつ簡単に解説していこうと思います。

生ラム肉

 

一般的なドッグフードでは主原料である肉の含有量は数%程度しか含まれていないと言われていますが、ナチュラルドッグフードでは製品全体に対して最大で55%以上ものラム肉が含まれています。

 

ラム肉

 

ラム肉は鶏肉や牛肉に比べ、L-カルニチンや必須アミノ酸といった栄養素が多く含まれています。

 

L-カルニチンは脂肪をエネルギーに変えるのに重要なビタミンの一つです。

 

その上ラム肉は基本的な栄養素が豊富なので、血液を作る為の鉄分や糖質・脂質や抗酸化作用が期待出来るビタミンEを始め、豊富なビタミンが含まれている事で老化防止にも役立つとされています。

 

さらにラム肉は鶏肉や牛肉に比べアレルギーになりずらい原料としても有名です。

 

●ラム肉が主原料のドッグフードのデメリットって?

 

使われるラム肉は生後1年未満のラム肉に限定される為、ドッグフードの主原料で一般的な鶏肉や牛肉といった肉に比べて生産量が少ないです。

 

それが合わさり「品質=価格」という点においても、ラム肉が主原料のドッグフードは価格が若干高めなので高級志向・健康意識が高い飼い主さんに選ばれています。

 

玄米

 

玄米

 

愛犬の健康を気遣い手作りの食事を与える飼い主さんもいらっしゃいますが、基本的に白米よりも玄米の方が体内で糖質に変わりにくいです。

 

それに加え玄米は太りにくい食材であると同時に栄養バランスも優れた素晴らしい原材料であったりもします。

 

人間でも健康志向の高い方は玄米を食されますが、犬だって同じ生き物に変わりはありません。

 

ベジタブル・ハーブミックス

 

このベジタブルハーブミックスとは、ワンちゃんにとって必要な栄養を全て満たすようハーブや野菜をメインに独自配合で作られた物です。

 

無添加原料でさらに天然の物にこだわって作られています。

 

全粒大麦

 

大麦

 

犬は人間に比べて実に14倍ものカルシウムを必要としています。

 

その多くのカルシウム摂取の助けになるよう、白米に比べて3倍も多くカルシウムが含まれた大麦がナチュラルドッグフードには使用されています。

 

 

全粒オーツ麦

 

オーツ麦

 

ワンちゃんがミネラル不足になると

 

  • 筋肉の痙攣(心疾患含む)
  • 食欲不振
  • 貧血
  • 発育障害
  • 食糞
  • 脱水症状
  • 毛の脱色・脱毛
  • 土を食べる
  • 足の裏、おしっこ後に性器を舐める

 

といった症状が沢山出てきます。

 

お散歩に行ったらなぜか土を食べたがる犬もいますが、ミネラル不足が関係している可能性もあるんですね

 

ミネラル不足を普段の食事で補えるよう、アランズのナチュラルドッグフードでは原材料の一つとしてミネラルやビタミンE、ビタミンBなどを豊富に含んだオーツ麦が使用されています。

 

亜麻仁

 

亜麻仁

 

こちらの普段聞きなれない亜麻仁(アマニ)と言う原料ですが、実は世界中の食材の中でも機能性食品として大注目を集めている原材料の一つなのです。

 

動物の健康とその維持における価値が広く認められており、有効成分は

 

  1. オメガ3系の必須脂肪酸であるα-リノレン酸
  2. リグナン
  3. 食物繊維

 

です。

 

オメガ3系の必須脂肪酸であるα-リノレン酸は犬の体内でエネルギーになりやすく、リグナンは犬の食習慣を整える効果が期待出来るとされています。

 

そして食物繊維は便秘をサポートする上でも外せなく、それと同時にコンディション維持にも欠かせません。

 

テンサイ

 

テンサイ

 

テンサイは水溶性繊維と不溶性繊維をバランスよく含んでおり、消化器官で善玉菌をサポートしてくれるので消化器官をゆっくりと通過すると言われています。

 

これにより栄養吸収に適切な時間をとる事が出来るとされているので、豊富な栄養が含まれた原材料の数々を根底からサポートし、しっかりとワンちゃんに栄養を届ける事が期待出来ます。

 

ビール酵母

 

ビール酵母は「天然のサプリメント」とも言われており、良質なアミノ酸・ビタミンB郡・ミネラルが含まれています。

 

ワンちゃんの美容の調子を保つのにも一役かってくれます^^

 

原材料のまとめ

 

ナチュラルドッグフードでは栄養バランスを徹底的に考え、使われている原材料も一つ一つしっかりと構成されています。

 

愛犬の健康を支えるドッグフードとしては間違いなくトップクラスで優秀なフードである事は明白でもありました。

 

 

主原料であるラム肉が豊富に含まれている事で嗜好性の向上も期待出来ますので、

 

ワンちゃんへのご褒美的な意味合いでナチュラルドッグフードを与えるのも良いかもしれませんね^^

 

ナチュラルドッグフードの公式サイトはこちら

 

 

犬の食物アレルギーについて

 

飼い主の皆さんは、犬や猫にも食物アレルギーがあるのをご存知でしたか?

 

犬がアレルギーを引き起こすと軽い症状では

 

  • 鼻水
  • くしゃみ
  • 目の充血やかゆみ
  • 皮膚の炎症やかゆみ

 

といった症状が現れます。

 

元気の無い犬

 

そして重い症状ともなると

 

  • 下痢
  • 呼吸困難
  • めまい
  • 吐き気や嘔吐(おうと)
  • 動悸(どうき)

 

といった事にまで悪化し、最悪命に関わるケースもあります。

 

アランズナチュラルドッグフードではそういったアレルギー観点も考慮して作られていますので、小麦・大豆・乳製品・とうもろこし・牛肉・豚肉といった、アレルギーを引き起こす可能性が高い原材料は使用せずに作られています

 

原材料の産地は?

 

ナチュラルドッグフードの原産国はペット先進国であるイギリス産となっています。

 

使われている原材料もイギリス産をメインに作られています。

 

原材料の特徴その1:人間でも食べられる品質

 

これはナチュラルドッグフードの公式サイトでも記載されているのですが、使われている原材料は人間でも食べられる高水準の原料使用して作られています

 

 

一般的なドッグフード・安価のドッグフードは人間が食べる事のない品質の低い原材料を使っているのをご存知でしたか?

 

いわゆる4Dミート(4Dミール)と呼ばれている物を使用して作られているんです・・

 

4Dミートとは

 

  • Dead(死んだ動物の肉)
  • Dying(死にかけた動物の肉)
  • Diseased(病気の動物の肉)
  • Disabled(障害のある動物の肉)

 

これらの頭文字をとって4Dミートと呼ばれています。

 

安価のドッグフードで1kg1000円とかで買える理由としては、やはり販売会社も原価を抑えなくては利益が出ませんから、価格=品質というのは避けては通れません。

 

ナチュラルドッグフードは人間でも食べられる水準の原材料(ヒューマングレード)で作られており、原材料を見ても新鮮なラム肉が実に最大55%を占めています。

 

ラム肉

 

犬というのは本来肉食の動物と言われています。

 

新鮮なラム肉がたっぷり使われて作られたナチュラルドッグフードは犬にとっても嗜好性が極めて高いので、購入者による口コミでは

 

  • 食いつきがあがった
  • 愛犬がご飯の時間になるとはしゃぐようになってくれた

 

といった評判も良くみかけますが、コレは原材料を見ても納得がいきます。

 

(私が普段食べている食事よりも良い物なんじゃないの!?って思っちゃうほどです^^:)

 

 

 

愛犬の消化吸収を助ける工夫

 

ただ原材料の品質が高いって所だけではなく、アランズナチュラルドッグフードでは愛犬の消化吸収を助ける工夫も施されています。

 

ドッグフードで消化に悪い原材料などを使って作られている物ですと、犬も慢性的な下痢や嘔吐を繰り返すようにもなっていきます。

 

健康維持には毎日与える食事というのは何よりも重要です。

 

消化器官に負担をかけるような低品質の原料でかさ増しを行っておらず、消化によく、栄養の吸収率も高い天然素材をだけを厳選して使用し作られています。

 

栄養吸収率が良いと言う事は、普段多めにフードを与えちゃって肥満体系になるワンちゃんも少なくありませんが、与える量を抑えられるのでダイエット目的や、便秘気味のワンちゃんにもナチュラルドッグフードは最適と言えるでしょう。

 

アランズナチュラルドッグフードの成分表と解説

 

成分名 数値
粗タンパク質 20.00%
脂質 12.50%
粗灰分 7.00%
粗繊維 6.00%
水分 8.00%
オメガ6脂肪酸 1.50%
オメガ3脂肪酸 1.00%
リン 0.70%
マグネシウム 0.20%
ナトリウム 0.20%
カルシウム 0.60%
カリウム 0.60%

エネルギー(100gあたり)/339kcal

 

 

リン(ミネラル)とカルシウムの重要性

 

犬というのは普段食べる食事が大きな原因の一つとして、腎臓病(腎不全)を発症する事も決して少なくありません。

 

腎臓病(腎不全)になると

 

  • 元気や食欲がなくなる
  • 被毛(毛並み)がパサパサしている
  • 嘔吐や下痢がみられ、脱水している
  • 口臭の悪化
  • 口内からの出血
  • けいれん、昏睡

 

といった症状が見られると言われています。

 

ナチュラルドッグフードの成分表にもリン(ミネラル)とカルシウムが表記されています。

 

食べ物からリンを過剰に摂取すると腎臓を悪化させやすいですが、同時にリンは犬にとってもとても重要な成分の一つです

 

(あくまで過剰摂取が問題であり、リンは犬にとっても欠かせない栄養素の一つですので適正量の摂取は必要です。)

 

リンはカルシウムとバランス良く摂取するのが重要であり、そういった健康面も考慮してナチュラルドッグフードは作られています。

 

まだまだあった成分表に隠された秘密

 

犬の健康に気をつけるのならリンとカルシウムの摂取バランスが重要だと上記ではご説明いたしました。

 

そしてさらに犬にとってありがたい成分であるオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸ですが、この成分は

 

  • 免疫力の強化
  • 腎臓病の悪化を遅らせる

 

そんな働きが期待出来るとも言われています。

 

もちろんナチュラルドッグフードの成分にはこのオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸が含まれています。

 

さらに脂肪酸のメリットはこれだけに留まりません。

 

元々健康な犬にも脂肪酸が含まれたドッグフードを与えると、

 

  • 光沢がある毛並み
  • 健康的な皮膚

 

これらを普段の食事からしっかりと支える事が期待出来るとされています。

 

沢山の犬の画像

 

 

人工添加物について

 

アランズナチュラルドッグフードでは発がん性物質でもある酸化防止剤や、香料・着色料といった添加物は使用されていません。

 

素材本来の香り・味で天然の原料をメインに作られているので、高い嗜好性と健康を兼ね備えた無添加のドッグフードとして人気を集めています

 

 

 

 

 

原材料や成分については公式サイトでもしっかりと記載されています。

 

ナチュラルドッグフードの公式サイトはこちら

 

 

製造工場と品質は?安全性は大丈夫?

 

私達飼い主としては愛犬の健康に気を使って原材料や成分を気にするのは当たり前でもありますよね。

 

しかし根底にある気持ちとしては

 

  • 安全性は高いのか?
  • 危険性は無いのか?

 

といった事が気になったりもします。

 

いくらアレルギー対応で人間でも食べられる水準のヒューマングレードの原材料を元に作られていると言われても、品質管理なども気になったりします。

 

そこで公式サイトでは品質管理についてはこのように明記されていたのでここでご紹介したいと思います。

 

まず最初にナチュラルドッグフードでは上記でもお伝えしましたが、原産国はペット先進国であるイギリスで作られています。

 

製造工場

 

普段何気なくホームセンターなどでドッグフードを購入されている方は馴染みが少ないと思いますが、ペットフードでは明らかに海外の方が品質においても日本より優れているんですね

 

ここ数年でやっと日本にも品質の高いドッグフードの流行が来つつありますが、それでもまだまだ国産のフードは意外と品質になにかしらの問題があったりもします

 

●全てではありませんが、国産のドッグフードの一例

 

「無添加の健康志向が高いドッグフードですよ!」

 

(実は無添加であっても、4Dミートといった原料でコスパを落として安価で販売している

 

その証拠に原材料の表記を見てみると真っ先に4Dミートの証である「肉副産物」「家禽ミール」と表記され、何の肉かわからない。)

 

原材料名
引用元

 

「アレルギー対応のドッグフードですよ!」

 

(アレルギー対応ではあるが賞味期限をありえない程引き延ばす事が可能な酸化防止剤などの人工添加物が使用されている)

 

 

このようにドッグフードに関する事を知れば知るほど、本当に犬にとって良いフードとなるとイギリスやドイツといったペット先進国で製造されているドッグフードに行き着いて行く飼い主さんも少なくありません。

 

近年では健康志向の高い飼い主さんが増えてきていらっしゃるので、ナチュラルドッグフードのような日本でも買える品質の高いフードに人気が集まってきています。

 

ナチュラルドッグフードでは原材料や成分だけを厳選して作られているのではなく、製造過程・品質管理も徹底して作られています。

 

コレは公式サイトを見て思わず腰を抜かしてしまうほどだったのですが、アランズナチュラルドッグフードは製品一つ一つに製造番号と追跡システムが導入されています。

 

製品追跡システム

 

「飼い主よりも良い物食べやがって(泣)」って思ってしまうのも、愛情あってのフード選びだからこそでもありますよね^^

 

 

毛並みの良さとドッグフードの品質の関係

 

たまに外をお散歩していると、

 

「どうしてそんなに毛並みが綺麗なの!?」ってビックリするほど光沢のある毛並みをしたワンちゃんっていたりしますよね^^:

 

毛並みが綺麗な犬

 

この記事冒頭では光沢のある毛並みを目指す上で脂肪酸が重要とお伝えしましたが、実はそれだけでは無いんですね。

 

綺麗な毛並みを目指す上では栄養という観点は必要不可欠です。

 

それも偏った栄養を与えるのではなく、

 

  • オメガ脂肪酸
  • 良質なたんぱく質
  • ビタミン

 

といった栄養成分も重要だとされています。

 

中でもビタミンは熱に弱いビタミンというのもあります故、ただ闇雲に含まれているというのはペット管理栄養士から見てもNGだそうです。

 

そういうちょっとした知識を得た上で再度ナチュラルドッグフードの公式サイトを見るとこのように記載もされていました↓

 

ビタミンについての製品情報

 

「熱に弱いビタミン類を出来るだけ損なわないように加熱しています。」

 

私達消費者というのはこういった知識には限界がありますが、ナチュラルドッグフードを調べれば調べるほど本当に犬の為を思って作られているんだなと改めて再認識します。

 

 

ナチュラルドッグフードの公式サイトではきちんとした獣医さんからも推奨されている内容を見る事が出来ますが、原材料や成分を気にされる方は公式サイトもチェックしてみると良いですよ♪

 

以上、ナチュラルドッグフードの原材料と成分。そして安全性についての記事でした。

 

ナチュラルドッグフード

 

 

ナチュラルドッグフードの公式サイトはこちら