ナチュラルドッグフードの食いつきは最悪!?愛犬が食べないという声

ナチュラルドッグフードの食いつきと食べないという口コミ

 

アランズナチュラルドッグフードは無添加で犬の健康をしっかりと考えて作られた、品質が極めて高いドッグフードとして今多くの飼い主さんから注目されている商品です。

 

ナチュラルドッグフード

 

そんな中ナチュラルドッグフードを購入する前に気になる事と言えば

 

「愛犬が食べないって事はある?」
食いつきが気になる」といった方も少なく無いのではないでしょうか。

 

そこでここでは犬に新しいドッグフードを与える切り替え方や、食べないと言った口コミについてご紹介する記事内容となっております。

 

食べない口コミってあるの?

 

ナチュラルドッグフードに関する口コミを調べていたら、全体評価は極めて高かったのですが、一部食べないに関する評判もいくつか発見する事が出来ました。

 

食べない口コミ

 

ナチュラルドッグフードをパピヨンに買ってみたのですが、初日からいきなり食べてくれません。

 

途中から飽きて食べなくなったとかならまだわかるのですが、正直期待していた分ショックです。

 

↑少なからずこのような評判も一部あったのですが、購入前にこのような意見を見せられたらちょっと買うのをためらってしまいますよね^^:

 

そんな中ここではドッグフードの切り替え方で絶対に忘れてはいけない事をご紹介したいと思います。

 

犬は変化に気付きやすい

 

犬は人間よりも何倍も嗅覚が優れた生き物です。

 

食べ物の匂いも敏感に察する為、普段食べなれた食事からいきなり違うドッグフードを与えてもいきなりは食べない子も少なからずいます

 

食べない犬

 

これはナチュラルドッグフードが悪いという事ではなく、

 

「どんなフードでもいきなり変えたらワンちゃんもびっくりして抵抗色を示す可能性は0ではありませんよ」というお話です。

 

そこで重要になってくるのがドッグフードの正しい切り替え方になります。

 

犬の気持ちを考えドッグフードを切り替えよう

 

基本的にドッグフードを切り替える時は、以前まで与えていたドッグフードにナチュラルドッグフードを少量混ぜる所からスタートしていきます。

 

ドッグフードの切り替え方

 

  • 初日:以前まで与えていたフード8割:ナチュラルドッグフード2割
  • 2日目:以前まで与えていたフード6割:ナチュラルドッグフード4割
  • 3日目:以前まで与えていたフード4割:ナチュラルドッグフード6割
  • 4日目:以前まで与えていたフード2割:ナチュラルドッグフード8割
  • 5日目:無事ナチュラルドッグフードに切り替え完了

 

こうすればワンちゃんも普段食べなれたフードから自然と新しいフードへと慣れてくれます。

 

口コミでもありましたが「初日から食べてくれません」というのは、犬に無理をさせているのかな?って考えちゃったりもします^^:

 

犬の気持ちを理解してあげ、正しく切り替えてあげましょう。

 

 

違うドッグフードは食べたのに

 

「今までは市販で色んなドッグフードを買って初日から食べてくれたのに、ナチュラルドッグフードにしたら急に食べなくなった」って方も一部口コミでいらっしゃいました。

 

その原因は?っと考え冷静にナチュラルドッグフードの品質を見てみると、とある事実も浮き彫りになってきました。

 

それは原材料の品質レベルにある可能性が高いという所です。

 

っと言いますのも基本的に市販で売られている1kg1000円〜2000円付近で売られているドッグフードの多くは、主原料は肉ではなく穀物類だったりもします。

 

原材料の表記順は含有量の高い物から順に表記しなくてはいけないと法律で定められていますので、原材料の一番初めになんて書いてあるのか見てみると主原料は一目瞭然です。

 

手元に市販のドッグフードがあれば一度見てみると良いでしょう。きっと肉が表示されていたとしても含有量までは記載されていないと思います。

 

含有量の%表記までは義務付けられていない為、数%程度しか含まれていない物をわざわざ表記する販売会社は今の所見た事がありません・・・

 

原材料表記

 

大体が穀物類と記載されていいたりもするのですが、ナチュラルドッグフードの主原料はラム肉が使用されており、その含有量も最大で55%以上と市販のドッグフードとは比べ物にならないほど多く含まれています

 

(言ってしまえばちょっと高級な食事というイメージです。)

 

 

しかし普段穀物類でかさ増しされたフードを食べなれているワンちゃんは、それだけ肉が高配合された良い食事を食べ慣れていない為に無意識に抵抗色を示したりもするのです。

 

市販の安いドッグフードの主原料は穀物類の理由

 

基本的に穀物類がドッグフードに使われている決定的な根拠はただただ原価が安いからです。

 

穀物類は本来犬や猫が胃の中で消化するのはちょっと苦手な原料なのですが、販売会社も利益を出さないといけないのでそのような作りになっています。

 

 

しかし近年健康志向の高い飼い主さんが増えた事により、低価格よりも品質を取る飼い主さんのニーズに答え、ナチュラルドッグフードといった最高品質を誇るドッグフードが人気を集めている理由の一つでもあります。

 

 

人間で例えるなら、生まれてすぐからずーっとカップラーメンだけを食してきた人にいきなり手作りご飯を与えても、見た事も嗅いだ事も無いが故に最初は戸惑ったりもします。

 

 

もっと言えば、海外でイモ虫や草などしか食べられない原住民に「こっちの方が良いよ」って言っていきなり栄養価の高い日本食を差し出した所で、間違いなく村総出で「コレは何だ!?」って警戒していきなりは食べてくれない事でしょう。

 

人によっては「毒が入ってるんじゃないか!?」って言う人もいるかもしれませんね。

 

犬も同じ生き物ですから、愛犬の健康を考えるなら気持ちまでを考えあげ、上手にゆっくりとフードを切り替えてあげるようにしましょう。

 

 

ナチュラルドッグフードの食いつきはどう?

 

いきなりフードを切り替えたら食べないワンちゃんも一部いますが、無添加で作られているので素材本来の香りに食欲が刺激され、パクパクと勢い良く食べてくれる子もいます

 

 

「最初は食べなかったけど4日目辺りから慣れてくれたのか以前よりも食いつきがあがった」


 

といった評判もよく見かけますので、初日にいきなりナチュラルドッグフードのみで与えて

 

「食べないから止めた」というのはちょっと勿体無いですよね^^:

 

人間でも食べられる高水準の原材料で作られたフードを長年与えるという事は、健康を根底からサポートする事にも繋がってきます。

 

栄養価の低い例えるならカップラーメンレベルの食事を「喜んで食べてくれるから」という飼い主の自己満足で与えるのか?

 

栄養価が高く、高水準の原材料だけで作られた良い食事を与えるのか?

 

この両者では愛犬の将来に深く関わってくるので、今一度「どうしてナチュラルドッグフードが気になっているのか?」っと考え直してみると良いかもしれません。

 

ナチュラルドッグフードに関する関連記事はこちら

 

ナチュラルドッグフードの原材料は危険!?成分表見たら腰抜かした件

 

おやつは危険?ナチュラルドッグフードチキン&ターキートリーツ

 

ナチュラルドッグフードの口コミとステマ問題|危険な原料は?